ビーチバレー浦田・鈴木組、ヒョウ柄ウエアで北京五輪を目指す・芸能ニュース、時事ニュース、その他、今うわさになっている話題などなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチバレー浦田・鈴木組、ヒョウ柄ウエアで北京五輪を目指す


ビーチバレー浦田・鈴木組、北京への新兵器はヒョウ柄ウエア!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000011-sanspo-spo&kz=spo

 豹柄の新ウエア、ニュースの画像でもすごくかっこいいです。「女豹の気分で砂浜を走り回る」とは、かっこいいですね。北京五輪目指してがんばってほしいです。

 ビーチバレー女子の浦田聖子(26)、鈴木洋美(28)=ともにレオパレス・ウィンズ=組が23日、豹柄の新ウエアで来年の北京五輪を目指すことを宣言した。

 「生地も強いし、すぐに乾く。細かいところまでサイズを調整してもらった」。この日、都内で行われたデサントとのウエア契約(2年間)の会見に出席した浦田は、壇上で鈴木と新コスチュームを披露。鍛え上げた体に豹柄がマッチした。

 浦田は5年前にインドアからビーチへ転向。当初は露出度の高い水着を苦手にしていたが、海外ツアーを転戦した際、日焼けしていない自身の肌が、相手チームから練習をしていない選手と判断され、試合で集中的に狙われたことがあった。

 多くの国内ツアーでは胸の部分をトップスで覆うが、海外では露出への障害はない。ライバルの浅尾美和(20)=ケイブロス=を「力をつけてきている若手」と余裕の表情で受け流した浦田は、「女豹の気分で砂浜を走り回る」と強烈なスパイクで勝負する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。