荒川静香、『オペラパレス』で「芸術もスポーツも目の前で観ると違います」・芸能ニュース、時事ニュース、その他、今うわさになっている話題などなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川静香、『オペラパレス』で「芸術もスポーツも目の前で観ると違います」


荒川静香「体で感じられる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000014-oric-ent&kz=ent

 『オペラパレス』いい名前ですね。荒川さん曰く「芸術もスポーツも目の前で観ると違います。」確かにそうですよね、感動が違いますよね。

 日本唯一の国立オペラ・バレエ専用劇場『新国立劇場 オペラ劇場』の愛称決定表彰式が29日(木)に同劇場にて行われ、審査員としてプロフィギュアスケーターの荒川静香が出席した。

 今回の愛称募集には全国から3000通を超える応募があり、
その中から『オペラパレス』が選ばれた。

 作家の林真理子が審査の総評を「シンプルで素晴らしい名前。いつか芸術の天守閣になってほしい」と話すと会場から拍手が起きた。

 また、審査員のひとりである荒川は「『オペラパレス』と聞いて、華やかさ、美しさを感じました。世界の方からも親しまれやすい名前だと思います」と話し、「芸術もスポーツも目の前で観ると違います。体で感じられるのが最大の魅力です」と笑顔で芸術とスポーツの共通点を語った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。