FC2ブログ
日本2―0でペルー降す、期待通りの最高の形で試合を決めた・芸能ニュース、時事ニュース、その他、今うわさになっている話題などなど

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本2―0でペルー降す、期待通りの最高の形で試合を決めた


<サッカー>日本2―0でペルー降す 国際親善試合
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000091-mai-spo

 すばらしい!中村のFKから巻へ、高原へと期待通りの最高の形で試合を決めましたね。細かいところで課題はあるとはいえ、ひとつの結果を出すことができました。これからの活躍も期待しております。

 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップ2007は24日、横浜市の日産スタジアムで行われ、日本は2―0でペルーを降した。中村俊(セルティック)、高原(フランクフルト)の欧州組を迎えての今年の初戦を白星で飾り、オシム監督就任後の日本の国際Aマッチ通算成績は6勝2敗となった。
3月の国際サッカー連盟ランキングはペルーの70位に対し、日本は42位。
 ▽日本・中村俊 (FKで)いいボールを入れることだけ心がけた。今日、合流3日目で、いろんな選手が合わせてくれて助けられたのが大きい。
 ▽日本・高原 新メンバーで初めて試合ができてよかった。細かいところはもっと直さないといけない。当たり前のことを全員ができたときに、初めて一歩が踏み出せるのではないか。
 ◇欧州組が存在感、国内組も自信
 中村俊のセットプレーを起点に高原がゴール。オシム体制下で初めて加わった2人の欧州組が、期待通りに存在感を示した。だが、それ以上に収穫だったのは、欧州組に刺激を受けた国内組が自信に満ちあふれたプレーを見せたことだ。
 まずは前半15分。右サイドでキープした中村俊を加地が追い越す。パスを受けた加地は再びボールを中村俊へ。この間に鈴木がDF裏に抜け出し、中村俊のスルーパスを引き出した。「ボールをしっかり回して、サイドバックのオーバーラップを促したい」と話していた中村俊の狙い通りのプレーだった。
 23分には高原がハーフウエーライン付近でボールをもらうと、左サイドでフリーだった駒野にロングパス。駒野はためらうことなくドリブルで攻め上がり、ゴール前に戻った高原にクロスを合わせようとした。
 いずれの場面でもラストパスの呼吸が合わず、シュートまで至らなかったが、後方からの飛び出しで数的優位を作り、好機に結び付ける明確な意図が見えた。オシム監督が描く、攻めの形を体現したと言える。
 オシム監督は、欧州組と国内組の関係について「両方が競争相手という意識が必要」と話したことがある。まだ意思疎通が十分でないなど課題は多い。だが、精度面の問題は経験を積むことで埋まっていくはずだ。【仁瓶和弥】
 ○…巻がオシム監督になってからの代表戦では初めてのゴールを挙げた。中村俊のFKに、マークにつかれながらも高さで競り勝ち、頭で押し込んだ。
 代表でのゴールは、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会に向けた代表選考が大詰めを迎えていた昨年5月のブルガリア戦以来。晴れてW杯メンバーに招集されたものの、その後は全くゴールを決められずにいた。今季のリーグ戦もまだ無得点。今回最初のメンバー発表でFWは高原1人で、ナビスコ杯での追試を経てメンバー入り。かつての師の期待に、ようやく得点という形で応えた。
 ○…GK川口が日本代表史上2人目となる国際Aマッチ100試合出場を果たした。チーム最年長の31歳。試合前に「気づいたら99試合だった」と話していた川口は、この日もキャプテンマークを巻き、後方からの声で最終ラインをコントロールした。初コンビとなる闘莉王と中沢の両センターバックについて「彼らの良さを引き出すのが自分の仕事」と話していたように、細かい修正に心を配った。
 歴代1位は井原正巳・22歳以下日本代表コーチの通算123試合。
スポンサーサイト
Copyright © グラビアアイドル、スポーツなどなど All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。